« 善吉の守護神 | Main | その後の経過 »

December 22, 2009

まさかの猫風邪!

 最初異変に気がついたのは日曜の午後でした。なんとなくフレイのクシャミの回数がちょっと多かったんですよね。でもその時は、たまたまフレイの鼻に抜け毛がくっ付いてむず痒かったのかな程度にしか考えていませんでした。ところが昨日(月曜)、フレイはほぼ一日ブシュンブシュンとクシャミを連発。その上やたらに鼻を舌なめずりしたり、ちょっと咳き込むように…
 他にも気になる事があったんですよ。毎朝の黒缶の時間には、ロケットダッシュで寝室まで来て、私らを起こす為にいろんな悪事(壁で爪とぎとかw)をするのですが、ここ2,3日はフレイ、朝に起こしに来ませんでした。それに、普段は1階で寝るフレイが私に密着するようにベッドの上で寝ていたり、コタツに引きこもったり、夕方の遊びの時間も大人しかったり…
 どうも様子がおかしいので、今日、フレイを連れて動物病院に行ってきました。ワクチン以来ほぼ10ヶ月ぶりです。もう病院の先生にはフレイ=怒りんぼさんという認識があるらしく、早々にエリザベスカラー+バスタオル二重巻きで固定されました。先生いつもゴメンなさい(^^;
 診察台の上でフ~シャ~しつつ、やっぱり時折クシャミがでます。先生も怒るフレイに手が付けられないながらも症状を聞いて、『もしかしたら猫風邪かも』だって…
 そ、そんな、ワクチン接種もしてるのに…でも、人がインフルエンザワクチンを接種してもかかることがあるように、猫もワクチン接種してもウィルス性の風邪にかかることはあるそうです(ワクチンって要は重症化を防ぐ目的だからねぇ。全くかからなくなる訳ではない!)。でも、その感染源は…?うちは他の猫と接触する機会は全く無いので(完全室内飼い)、おそらく私か旦那が持ち込んだのかもしれないとの事。
ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
 私らのせいで…?でも外出から帰ってきた時はうがい、手洗いは必ずしていたのに(インフルも猫にうつるって聞いてたしね)、着衣か持ち物についていたのかなぁ…
 今日のところは抗生剤とインターフェロンの注射をして貰い、ウィルスを減らすサプリメントを10日分処方してもらいました。また明日、インターフェロンの注射を打ちに病院に行ってきます。
 もっと早く気付いてあげれば良かったよ…今もフレイは猫蔵にこもっていて、時折クシャミが聞こえます。フレイだけ隔離した方がいいのかなぁ…でも、完全隔離は難しいし、今更?ルキナやアリオンには今のところ猫風邪の症状は出ていないけど…猫風邪って人間の風邪と違って、酷い場合は命にかかわることもあるって聞いたことがあるだけに、正直ショックでした。フレイ、ゴメンね(TωT)しばらくはフレイの治療に専念しようと思います。ちょっとコメントのお返事が遅れるかも。あと、今日の記事のコメント欄も閉じておきますね(多分見る余裕がないかも)。
↓宜しければポチッとな↓
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

|

« 善吉の守護神 | Main | その後の経過 »